女性の薄毛はこうやって改善です!

女性でも髪の悩みありますよね、そう薄毛。改善方法調べました。


 








薄毛って男と女に違いがある?
一口に薄毛といっても男と女では明らかに症状が違うんですよ。
元々毛髪の生え方から違うんです。
男性の薄毛は毛髪自体が細くなってしまう。
女性は毛髪自体は太いままで、通常1つの毛穴に生えている1〜3本の毛髪の数が減るんです。
それに女性には産毛がないんです。
典型的な男性の薄毛の原因はなんでしょう。
それは「育たない」こと。
毛髪の成長期間が短く十分に育たないうちに抜けてしまう。
サイクル自体が短く・早くなるんです。
女性の典型的な原因は「生えない」こと。
特徴として、生えさえすればちゃんと育つが、生えてこないため休止中の髪だけが維持される。
結果だんだん薄毛になってしまうんです。
それに、男性用の育毛剤を女性が使うことは厳禁です。
原因が違うので、使うべき薬剤も違うということですね。
育毛剤の注意書きにもちゃんと書いてありますよ。
副作用もありますので、自分が使う薬剤はしっかりと確認するようにしてください。

このページの先頭へ
女性が悩む薄毛の原因
最近薄毛で悩む女性が増えてきています。
10人に一人が悩んでいるといわれ、数にすると日本で数百万人以上になります。
また、この数はもっと増えると想定されています。
こんなに悩む薄毛の原因とはなんなんでしょう。

○食事
現代人の食べる高カロリーな食べ物。
脂肪含有率が高く、中性脂肪を増やす原因になります。
脂肪率が高くなると、毛細血管が詰まってしまうようになり、それが頭皮の毛細血管の場合に毛の成長に影響が出ます。
髪の毛が育つ仕組みは、血液によって運ばれた栄養が毛髪の栄養となって伸びるのです。
血管が詰まるとこの仕組みが阻害され、十分に栄養が毛髪まで届かなくなり、成長が止まり、薄毛になってしまうのです。

○過度のダイエット
きれいになりたいから、まずはダイエット。
女性がやりがちですね。
ダイエットをやりすぎると身体が欲する栄養分が十分に体に行き渡らなくなり、髪を維持する機能が損なわれます。
それによって異常な脱毛の原因になってしまうことがあるのです。
ダイエットをするとしても、過度にならないようしっかりと管理して適切に行うことが大切です。

○加齢
加齢による老化は誰にでも起こるものです。
頭皮もお肌ですから、同じように老化をしていきます。
老化によって髪の成長サイクルが悪くなったり、十分な栄養の吸収が阻害され薄毛になるのです。
できるだけ老化のスピードを遅くし予防することが薄毛の改善にもつながります。

このページの先頭へ
薄毛予防に効く食事
バランスの良い食事は、アンチエイジングにもそして育毛にも良い結果をもたらします。
厚生労働省もガイドラインを策定していて、それが「食事バランスガイド」です。
少し紹介をしてみましょう。
誰でもわかるように、管理する単位は料理ごとに「1」「1.5」などとカウントするので、炭水化物は・・タンパク質は・・カロリーは、なんて難しい計算が要りません。
簡単なのでバランスのとれた食事がとりやすいのです。
1回の食事は、握ったにぎりこぶしを1カウントとして数え、主食・主菜(主にタンパク質のもの)を1つ、副菜(野菜・海藻類)を2〜3摂ります。
育毛の観点でいうと、良質タンパクの代表の大豆がおすすめ。
大豆中心でタンパクを摂り、それを髪の毛に変えるビタミンやミネラルををたっぷり摂る。
この場合の食品は、野菜とか海藻類。
野菜とか海藻であれば、多目にとっても大丈夫。
逆に気をつけるのは果物です。
果糖を多く含むため採りすぎると肥満に注意することが必要になります。
冷え性の女性は、夏の果物は体を冷やすため、種類にも気をつけましょう。

「食事バランスガイド」の中身をいくつか紹介しましょう。
まず、

「主食=パン・ごはん・麺類」です。
1日の推奨量は5〜7。
1単位の食材:ご飯(小)、おにぎり1個、食パン1枚、ロールパン2個
1.5単位の食材:ご飯(中)
2単位の食材:うどん1杯、盛りそば1杯、スパゲティー

「主菜=肉、魚、卵、大豆などのタンパク質系」
推奨量は3〜5
1単位の食材:冷ややっこ、納豆、目玉焼き
2単位の食材:焼魚、天ぷら(魚)、刺身
3単位の食材:ハンバーグ、豚肉のショウガ焼き、鶏の唐揚げ

「副菜=野菜、キノコ、芋、海藻類
推奨量は5〜6
1単位の食材:野菜サラダ、酢の物、みそ汁、おひたし、ひじき、煮豆
2単位の食材:野菜の煮物、野菜炒め、芋の煮物

「牛乳・乳製品」
推奨量は2
1単位の食材:牛乳コップ半分、スライスチーズ1枚、ヨーグルト1パック(小)

「果物」
推奨量は2
1単位の食材:みかん1個、りんご半分、柿1個、桃1個

このページの先頭へ
薄毛予防に野菜を摂ろう
髪の毛を作るためにはタンパク質が必要です。
ビタミン、ミネラル類によって髪の毛を作る材料になるからです。
でも、いくらタンパク質を摂ったって、ビタミン、ミネラルが不足していては髪の毛は作られません。
ビタミンやミネラルは野菜を摂ることによって体に取り込むことができるのです。
だから、野菜を摂れば薄毛予防になるということです。
平成19年の「国民健康・栄養調査」(厚生労働省)では平均的な野菜の摂取量は290g/日です。
推奨値が350g/日ですから、平均的に食事をとっていると思う人は、今より2割くらい大目に野菜をとるといいということですね。
野菜の摂り方で良い方法は、生野菜を食べるサラダではなく、温野菜を摂る煮物や炒め物がよいです。
かさを小さくして、野菜をたくさん取ることができるようになるからです。
それに生野菜は体を冷やすため女性にはホントはよくないんですよ。
髪に良い野菜は緑黄色野菜です。
緑黄色野菜は髪に必要なビタミンを多く含むので、できるなら緑黄色野菜中心で摂取することを心がけるとよいでしょう。
気をつけてほしいのは、バランスよく食べること。
どれかのビタミンやミネラルを集中的にとっても栄養のバランスとしてはよくないので期待する効果が得られませんよ。

このページの先頭へ
"老化"は薄毛の敵
男性の薄毛の原因はジヒドロテストステロンという男性ホルモンです。
このホルモンが多くなると、男性に多い頭頂部や額の生え際の後退などの薄毛が進むのです。
男性ホルモンは男性だけでなく、女性にも存在します。
ただ、女性の場合体内の女性ホルモンが男性ホルモンよりもかなり多く分泌されるため、薄毛になりにくい傾向ではあるといえます。
しかしそんな女性でも、加齢による老化で身体機能が衰えてくると女性ホルモンの分泌も衰えてきて薄毛になります。
具体的には「びまん性脱毛症」という毛髪が細くなり、頭部の広範囲で薄くなるという症状です。
男性のような部分的な症状はあまりないのですが、髪のボリュームが減り、分け目部分や地肌が透けて見えるなどの症状になります。
さらに老化による女性ホルモンの減少は男性ホルモンが比較的に優位になり、薄毛や抜け毛が増える現象が起こってきます。
老化を止めるということはこの世の中ではまだ誰にもできません。
したがって老化による薄毛を完全に食い止めることはできません。
ただ、症状を遅くすることができるのです。
生活習慣の乱れ、偏食、運動不足などが老化を促進してしまいます。
それを正しく修正していくことで老化を遅らせることができます。
さらに、活性酸素を除去することができる抗酸化成分をたくさん摂ると老化を遅くすることができ、老化による薄毛を予防していくことができます。
老化のひとつの減少で、女性に多い問題が更年期障害。
更年期の年代の女性にしっかりと摂取してほしい食べ物がくるみやアーモンドなどのナッツ類です。
このナッツ類は薄毛や白髪にも効くすぐれた食べ物なのです。
ナッツ類は老化を予防するビタミン、ミネラルを多く含み、その中でも若返りに有効といわれるビタミンEが多いのです。
その他鉄、マグネシウム、カルシウム、亜鉛、瀬れに有無など毛髪に有効なミネラルが豊富に含まれ、積極的にとることをお勧めします。
カルシウム、マグネシウム、ビタミンD類を一緒に取ると骨や歯を作ってくれるため、骨粗しょう症を気にする女性にももってこいです。
さらにはコレステロールを下げる効果のあるリノール酸、αリノレン酸、オレイン酸も含み、ぜひとも積極的にとっていただきたいアンチエイジング食品なのです。
くるみは「貴族の美容食」、アーモンドは「天然のサプリ」といわれるのもこういった有効な働きから名づけられたんですね。
ただ、ナッツ類は脂肪分の含有量も高いので健康にはいいのですがついついおやつにしていると食べ過ぎてしまうので、食べ過ぎはお肌のトラブルにもなるので、くれぐれも注意してください。
薄毛や白髪の改善には1日3粒くらいで十分な量のビタミン、ミネラルが期待できます。

このページの先頭へ
薄毛の原因はストレス
30代の女性の薄毛の原因に多いのはストレスです。
30代くらいになると、仕事を続けている女性には仕事上の人間関係や疲労、睡眠不足などのストレスがありますし、家庭にいる方には家事や育児によるストレス、それに美容や恋愛なども女性特有のストレスといえるでしょう。
女性もバリバリと社会進出をしている昨今ですが、その中でプレッシャーや人間関係を気にしているとどうしてもストレスが溜まってきます。
そんなストレスが髪の健康維持に悪さをするのです。
仕事だけでなく、家庭においてもストレスがあります。
家事や育児も自分だけがやらされていると感じたり、こどもがいうことをきかない、自分の自由な時間がとれない、などと感じるとどうしてもストレスになります。
恋愛だって、すれ違いなどで心はやっぱり疲れてしまうものです。
そんなストレスによる薄毛が増加の傾向になってきています。
高齢化や経済的な問題を抱えストレスを受けている女性たちに薄毛が増えてくるのです。
ストレスを受けると自律神経やホルモンがバランスを崩します。
そうすると血行が悪くなり、毛髪に十分な栄養素が送られず、薄毛や抜け毛という症状になって表れてくるのです。

このページの先頭へ
妊娠と薄毛の関係
女性特有の薄毛に出産と関係する薄毛の症状があります。
この症状は妊娠した女性の半数の人が悩むといわれています。
妊娠出産という原因による脱毛を分娩後脱毛症といいます。

この分娩後脱毛症が発生する原因は大きく2つあります。
○お腹の赤ちゃんに栄養を吸い取られる。
○妊娠中に増加した女性ホルモン(エストロゲン)の分泌が妊娠前に戻る

お腹の赤ちゃんに栄養がいくのは仕方ないとして、女性ホルモンの分泌量が増加する妊娠中は逆に髪が成長し増えるような感じになるのですが、出産後通常に戻ると抜けないで成長を休止していた髪が抜け始めるのです。
子の抜け毛は出産後半年までに発症し、半年以降くらいから自然に改善してきます。
ただ、人によっては高齢出産の場合や、育児やこの脱毛自体が大きなストレスになっている場合などには、ホルモンのバランスが戻りにくくなり薄毛の悩みが解消されない場合もあります。
また、このホルモンは40代半ばになると分泌が急激に減ってきます。
ホルモンの減少はイライラ、不眠、倦怠感などの症状となって表れることもあります

このページの先頭へ
女性の薄毛には運動で予防
運動することが薄毛の改善効果があることがわかってきました。
運動が髪の毛を元気にするのです。
薄毛の原因の一つが血行不良で、血行不良になると髪の毛の成長に必要な栄養素がいきわたらないのです。
血行を改善するには運動をするのが一番良いのです。
それに運動をすると心肺機能も向上します。
心肺機能が低下すると気が付かないうちにだんだん酸素摂取量が減ってきます。
その結果脳に十分な血液が送られず、その結果髪の毛にも血液がいきわたらず、髪の毛の成長に影響が出てしまうということを意味するのです。
薄毛の予防には適度な運動がおススメです。
それも「有酸素運動」を取り入れてください。
有酸素運動は、筋肉を動かし、体脂肪を効率よく燃焼させてくれます。
どのような方法があるかをご紹介します。

○ジョギング
発汗量が多いので、活性型男性ホルモンを排出できます。
運動するとストレス解消にもなります。

○水泳
ジョギングと同じく、心肺機能を強化することができ、血行がよくなるため、髪に良い影響を与えます。
ただし、水泳の場合プールの水には塩素が含まれています。時にはそれが海水であったりもします。
いずれも髪を傷めるので、水泳の後はしっかりと洗い流してタオルドライして乾かしてください。

このページの先頭へ
正しいシャンプーが薄毛に効く
正しいシャンプーができていますか?

でも、何が「正しい」んでしょうか?
小さな頃からずっと続けている洗髪ですが、正しい洗い方が育毛の基本なんです。
なぜ「正しい」かというとほとんどの人が「間違っている」からです。
間違ったケアは薄毛の原因になります。

「正しい」洗髪方法とは、
シャンプーで洗う前に、お湯で洗います。
 シャンプーするときと同じ時間くらいかけて丁寧に洗ってください。
シャンプーでしっかり洗う。
・最後は、シャンプーの時間の倍の時間をかけるつもりで、たっぷりの水でしっかりと流します

あなたはどんな洗髪をしていましたか?
このページの先頭へ
薄毛を予防するマッサージ
頭皮マッサージは、薄毛の予防に効きます。
私が自分自身で試してみたんだから間違いありません。
つむじの周りの頭頂部あたりと両方のこめかみとの三角となるエリアを5分くらいかけてマッサージするんです。
時間があるときに、何回やってもかまいません。
自分の負担にならないようにやってください。
最初のうちは頭皮が固くなっていると痛いと思うかもしれませんが、そのうち筋肉が柔らかくなって気持ちよくなるはず。
頭皮に負担をかけすぎてはいけないので、異常があるときや、体調がすぐれないときは無理にしないでくださいね。
マッサージの効果が出てくると、頭皮のつっぱりが減少して髪が根元から立ったように感じられます。
それに長時間続けていると、だんだん頭皮が柔らかくなってふっくらするのがわかってきます。
薄毛が気になるあなた、毎日マッサージでふさふさですよ〜。

お気に入り


何をするにも集中力が足らないってことあると思います。勉強や仕事にどうしたら
打ちこむことができるんでしょうか?集中力を高めるのは結構難しいんですよ
このページの先頭へ